中医学による 不妊の原因

中医学で考える不妊の原因(中医診断と治療より)

1.腎虚の不妊
妊・経血色が暗淡で量が少ない・月経周期の延長あるいは無月経・下腹部の冷え・性欲の減退・腰や下膝がだるく無力・尿がうすく量が多い・舌質が淡・舌苔が白潤・脈が沈遅。
2.気血両虚の不妊
妊・経血が淡色で量が少ない・月経周期の延長・顔面が萎黄で黒色の斑点がみられる・頭のふらつき・目まい・痩せる・脱力感・舌質が淡・舌苔が薄白・脈が沈細。
3.陰虚血熱の不妊
不妊・月経周期が短縮し経血が紅色で量が多い・あるいは周期が延長して経血が紫色で量が少ない・顔面紅潮・口唇が紅色・頭のふらつき・耳鳴・不眠・口や咽の乾燥・焦燥感・潮熱・盗汗・舌質が紅・舌薄が薄黄・脈が数。流産後に発生することもある。
4.肝気鬱結の不妊
不妊・月経周期と経血量が一定しない・経血が紫色で小凝血塊が混じることが多い・月経痛・月経前に乳房が脹って痛む・いらいら・怒りっぽい舌質は正常あるいは暗紅・舌苔は白あるいはやや膩・脈が弦細。
5.痰湿の不妊
不妊・肥満体・多毛・無月経または月経不順・多量の白色帯下・目まい・動悸・無力感・顔面や四肢の浮腫・胸苦しい・摂食量が少ない・舌質が白膩・脈が濡滑。
6.血お湿熱の不妊
不妊・月経時に増悪する下腹痛・微熱・月経周期が不規則・あるいは紫暗で凝血が混じる経血の持続・腰がだるい・帯下が多い・目の周囲がどす黒い・舌質が紅・舌薄が薄黄・脈が沈弦あるいは滑数。

当店では、問診や望診(顔色や舌の色形)などにより、不妊の主な原因がどのタイプか判断して、最も適した漢方薬や栄養補助食品を提供します。

漢方のセノオ薬品

岡山県倉敷市西富井1074-22
☎086-426-0604